MENU
/ 恋愛コラム

「彼氏がいない」「未婚」落ち込み対処法

こんにちは!

今朝セッションで

「彼氏がいないこと」に関して落ち込み

他人からの何気ない言葉にもネガティブに反応してしまう。

とのお話になりました。

 

これ、あるあるだと思うので対処法を書いてみますね!

まずはコレ!

その感情を感じる。スルーしない。

もし今「彼氏がいないこと」「未婚であること」

で、落ち込んだり

他人からの言葉にネガティブに反応したなら、その事実を受け止めましょう。

 

 

「私はそのことに関して反応してるんだなー」

って捉えてください。

とりあえず、受け入れることが基本です。

「悲しいんだなー」

「変えたいんだなー」

「パートナー欲しがってるのかなー私。」

って自分に向き合うことができると思います。

ごまかしたり、スルーしたり、自分を責めないでくださいね。

 

心ん中に押し込めたモヤモヤは残り

時と場所を変えても出てきます。

 

 

で、

1そもそも彼氏が欲しい、結婚したいと自分が心底思っているのかを考えてください。

もしかしたら、そもそも他に優先事項があって

(仕事、スキルップ等)

出会いの場に行ってない自分、結婚を避けてきた自分

周りに募集中なことをオープンにしてない自分はいませんか?

 

 

または結婚に嫌なイメージがあって

「まだいいや」「実は面倒臭い」

「今の私はままだ結婚に値しない」

なんて思っていませんか?

 

自分が望んでいないので

現実になっていなくて当然ですね。

(心で思っていることが行動や言動に出てきています。)

 

自分が望んでいなかっただけ。

だとしたら、落ち込む必要なかったわけです。

 

2「彼氏がいない、未婚である自分は可哀想ではないです。」

見方を変えるという方法ですが

実際「既婚者」=「幸せ」ではない

パートナーがいなくても魅力的な女性は沢山います。

 

更に、私の周りではよく聞く言葉ですが

「これから選びたい放題じゃん!」

「恋できるって羨ましい〜!」

ってことです。

 

 

これは慰めではなく本音のようです。

 

学びの場だと

「今より自分が成長した状態でパートナーに出会えるなんて(結婚できるなんて)

羨ましい!」のだそうです。

 

今パートナーがいる方は

自分の成長と共に相手も引き上げていくとか

一緒に成長していく。という考えもありますが

成長した自分でパートナーに出会う可能性って

ワクワクすることです。

 

 

「自分が成長してから恋愛、結婚したらエラーが少なくっていいじゃん。」

って見方もあります。

 

 

そう、彼氏がいなくっても、未婚でも

羨ましい存在になり得る!

 

 

あれ?落ち込まなくっていいですね。

3「誰かと比べた時に、その人になりたいか?を考えてみてください。」

誰かと比べて落ち込んでいるというならば!

今彼がいないとか未婚の方は

「それなりに他の事にパワーを使ってきた方」です。

他に大事にしてきた事があるはずです。

 

それらをなかった事にして

「他人の一部」

をみて、自分と比べ、劣等感を持っていませんか?

 

そんなのナンセンス!

恋愛より結婚より、今まで他の事にパワーを使ってきた自分をふと帰り

愛おしく思えたら

「私は私。◯◯さんになっても幸せじゃない。なら比べなくっていいか。」

って思えます。

 

それを選ばなかったから、今の自分があるのです。

 

もしくは今の彼と結婚のタイミングを計っているのなら

二人で育んでいる途中。ではないですか?

 

誰かと比べられるものではなく、

「その彼と一緒にいる事を選んだ自分」に誇りを持ちましょう。

 

 

「自分を自分で愛おしく思える事」

やっぱりこれがキモですね!

 

まとめ

 

彼氏がいないこと、未婚であること

それらは決して恥ずかしいことではありません。

誰かに何かを言われても、気にしない人は気になりません。

自分がその現実をどう思っているのかで、何かしらの反応をしているのかと思います。

 

落ち込み、反応した自分を受け入れて

「私、何に反応してるのかな?」と、まずは感じてみてください。

 そして、
1本当に欲しいのか?

「心の中にパートナーを作らないブロックを作ってないか?」を考えてみる。

 

2見方を変える

「彼氏がいても、結婚してても、自分には羨ましがられる要素がある。を自覚。

恥ずかしい事でも、かわいそうな事でもない。

 

3他人と比べているだけ?

自分が大事にしている価値観を思い出し、自分を愛しく思う事で

「比べなくていいじゃん」と思う事。

 

です。

 

いかがでしたか?

是非参考にしてみてくださいね!

 

くろのり