MENU
/ コーチング, 夜のお仕事の方へ

少し前まで「自分は社会的にヤバイやつだ」って思ってた。それって自意識過剰だった。

 

私はここ数年でかなり社会復帰してきたと思っているのですが

ほんの少し前まで、数名の親しい方以外には心を開かず

自分と仕事に集中して生きていました。

 

 

超夜型で帰ってくると朝なので「飲みに行く」とかないし。

昼間は眠いから人との交流は自然に疎遠。

「ちゃんとした彼氏」ってのも長らく居なかったし

 

美容室とかエステでも素性を聞かれるのが面倒なので
どんなに常連でも、敢えて無愛想な人(実際は眠い人。)でした。

 

めっちゃ不自然だったし、嫌なお客さんだったと思います。

 

まあその方が楽だったので
「変なお客さん」でもいいのですが。

 

 

問題なのは
自分で自分を下げてしまうことでした。

(私って社会的にやばいよね、、、。)

 

毎日お仕事を淡々と続けられるのは私の特技で

長らくお葬式以外で2日以上お仕事を休んでなかったし
旅行も相当していなかったです。

 

 

やることをやっておけばお仕事をいただけるので
「お仕事のことだけ」を考えていたらよかったです。

 

しかもお仕事楽しいし、成果も出るから余計にのめりこむ私。

 

 

でも、日々目の前のお仕事だけ集中できても
課題にしていることは先送りになりどんどん積み上がる一方。汗。

 

 

私がブランクを感じていたのは
お仕事以外で人と関わること。
自己開示すること。

 

 

 

心理学を学びに言っても
最初は誰とも深く関わらないでこっそり学びたかったし。
(シェアタイムとか超苦痛。)

 

 

「フェイスブック」なんて絶対やりたくなかったです。笑
(それでしか連絡取れない方がいてやむを得ず始めた。)

 

 

仕事にいくら誇りを持っていても
「自分は社会的にはヤバイやつ」って自意識過剰気味に思ってました。

 

そうやって自分を隠していたりすると疲れるし
いつも何かに怯えているので
自分の肯定感を徐々に下げていきました。

 

 

ほんと「自意識過剰」でした。

 

「自分のことを話したら不快な人がいるのではないか」なんて
相手の器を信じてないってことだから。

 

 

でも、そう思うにはきっかけがあって

昔からの友達に
「自分が風俗の仕事が実は楽しかった!こんな学びがあった!」
なんて素直に話したら、

怒られたり、心配されたし、沢山いなくなったから、怖くなったのです。

 

 

今思えば当時は色々あって

変化が急すぎたから、仕方なかったのですよね。

 

 

 

なので、お仕事の話も自分のことも、

言わなくていい人と言ってもいい人はいるから、選べばいいと思います。

 

そして言葉も選ぶこと。
自分を語ることに慣れると、相手によって適切な言葉や表現の仕方を変えることができます。

 

そこは訓練だと思います。

 

個人事業主の方にたくさんお会いすると
いろんな経歴の方がいらっしゃいます。
そんな方々の話を聞くと
「自分がヤバイやつ」って思うなんて私自意識過剰じゃん
って思うようになりました。

 

 

「柔軟性が少ない人」が多い環境下にいたら
多様性は認められないかもしれません。

 

 

でも今私が生きてる環境はそうではないので

タトゥーが入った人に「気にしないでね!」って言われて
「全然気にならないよ!」って思うのと同じ。

 

そういう経歴の人なだけ。
どういう考えの人なのかを人は見てる
って今は思います。

 

 

そして今は「自己開示のリハビリ」がだいぶできてきたので
こんな記事を書いてます。

 

自己開示せず孤独でいたら、この活動は叶えられなかったです。

 

例えば
最近引っ越し活動をしていたのですが
不動産屋さんが私が借りれそうなお部屋を探してくれたり

 

美容師さんが私のフェイスブックを見て
感想を言ってくださったり

 

向き合ってくれる彼がいたり

 

私のことを受け入れてくれる人が沢山できました。

 

少し前だったら考えられないことなので
涙が出るほど嬉しいです。

 

なのであなたがもし、

夜のお仕事をしてるからって「自分は社会的にやばいヤツだ」って思うなら

ちょっと考えて見てくださいね。

 

自分が身を置く環境を変える
お仕事への感謝の気持ちを感じて見る
ぶっ飛んだ経歴の方の話を聞く
自分のことを好きな言葉で言語化して見る
お仕事で貢献している事、喜んでいただいた事を思い出して見る

 

 

いかがでしょう。

あなたってそんなにヤバイやつですか?

 

あなたが生き生きと、本当に幸せそうにしていたら

あなたを取り巻く周りの人々を説得する力になります。

 

人間の価値は、過去だけで決まるものでもないし
お仕事の内容でも決まるものではありません。

 

世界はもっとあなたを受け入れてますよ。

(自分にも言っている。w)

 

 

くろのり

 

▶︎風俗嬢さんのお仕事相談はこちらから

パソコンからのご登録
メルマガへの登録はこちら
スマホからのご登録
メルマガへの登録はこちら