MENU
/ 夜のお仕事の方へ

「なんの仕事してるの?」が一番苦手。夜の仕事だしな。

今日は最近立て続けにご相談いただいたことについて書きまっす!

風俗のお仕事をしていると、日常生活で
「お仕事何されてるんですか?」
と聞かれるごとに
「もやっ」とする、焦る、困る、、、という問題。

ないですか?

私はありました~。ははは

 

美容院、エステサロン、習い事や勉強の場でも、、、。
かなり心開けなかったです。汗

 

なので一時期、学生時代のお友達と疎遠にしたり
(学生時代からの友達って特に心配してくれるので。)
余計お仕事にのめり込んでました。

するとどんどん視野は狭くなりますよね~。

 

 

ここを解決するのにはかなりの時間とパワーを使いました。
コーチもいたし、ワークもいろいろしたし、友達もいたけど
心が変わるには時間がかかるので。
今でもたまに「もやっ」とします。

 

 

私の場合
副業ではなく本職で風俗業をしていた期間が長いので
会話の中で話した方がスムーズな場合があります。

だから一部を除いて職歴はオープン。
親しい方々に元風俗嬢だからって嫌悪感を持つ方はほぼいないです。
(と感じている)

 

でも、
TPOを考慮すると
「この場であえてその職歴言わなくていいだろう。」って時も多々あるわけで

 

「嘘つくのいやだなー」
「また仮面かぶるのかー」
ってなります。(・_・;

結局は
「自分が自分のことをどう思っているか」。

自分がこだわってるから気になる。んです。

 

多くの人は職業だけで相手を判断しないし
みんな自分の問題が一番深刻だと思っているし
友達の層は変わっていってもいいじゃん
そもそも全てをわかってもらう必要ないよな。
です。

 

「うおー!そんなこと頭ではわかってるよ!」
ですよね、、、。

 

そーれーでーもー
もやっとした感情は一瞬出てくるので
その都度対処することになりまする、、、。

 

 

私思うんです。
そもそも風俗って、人に言えないお仕事ゆえにお給料が高いんだから
「言えない」てのは受け入れて、基本こっそりやればいいよなって。
言えないから、いつかやめようとも考えるしね。

だから働くなら工夫が必要です。

 

 

  • 周りの世界と分離するのがいやなら周りの世界と繋がれる場所を確保しながら「副業」でやるとか
  • 期間を決めて働く
  • 相談できる人を持つ
  • 何のためにやってるのかを自分の中に大義名分を持つ
  • 自分で言ってて自分を下げない自己紹介を考え
    それに慣れていくこと。も有効ですよ♪

 

そしたらあとは前向きに働きましょう!

 

あなたが風俗のお仕事を選んだおかげで
癒しや活力を得た人がいます。

目に見えないけど仲間は沢山います。
もっとぶっ飛んだ生き方の人は沢山います。
おばあちゃんになればきっといい思い出です。笑

 

自分の人生に責任を持って、
今をステップにして、素敵な未来を作っていきましょう!
(↑ここが大事じゃない?)

ではでは
引き続き良い週末を。^^